外壁塗装に関わる資格一覧

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス

外壁塗装に関わる資格一覧

外壁塗装業者を選ぶ際「資格を保有しているか?」が判断材料のひとつになります。

資格の中には国家資格と民間資格があります。ここでは外壁塗装に関わる資格を一覧にしていますので参考にしてください。

 

〇1級(2級)塗装技能士(国家資格)(労働大臣免許)

塗装技能士は国家資格で、塗装技術を認定する名称独占資格です。また都道府県職業能力開発協会が実施する、試験に合格した者をいいます。

検定試験の内容は、「木工塗装作業」、「建築塗装作業」、「金属塗装作業」、「噴霧塗装作業」、「鋼橋塗装作業」の5つがあります。それぞれに1級及び2級の等級があり、年に1度の実技試験と学科試験の両方の試験に合格することが必要です。受験資格は、1級が実務経験7年以上か、2級合格後2年の実務経験が必要です。

ベテランの職人であっても難しいとされており、合格率は50%前後です。

2級塗装技能士は、都道府県知事の認定です。受験資格は、実務経験2年以上か、職業高校や専門学校などの学歴により、実務がなくても受験できます。

 

〇足場の組立て等作業主任者(国家資格)

厚生労働省認定の国家資格で、建設業労働災害防止協会が認定します。足場の組立て等作業主任者は、つり足場(ゴンドラのつり足場を除く)、張出し足場又は高さが5m以上の構造の足場の組立や解体又は、変更の作業をする際、作業方法を決めて直接指導すると共に、器具・工具等の点検をし、作業が安全に行える環境を整えます。受講資格は、実務経験が3年以上の者、高校、高専、大学等で土木・建築・造船学科卒業後、2年以上の者、職業訓練修了後2年以上の者で、講習を受ければ資格がとれます。塗装の職人さんが足場を組むケースなどは必要になってきます。

 

〇有機溶剤作業主任者(国家資格)

労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)で、有機溶剤作業主任者技能講習を修了した者の中から選ばれます。屋内作業所や車輛、船舶内などで有機溶剤の製造・取扱い作業をするには、身体的な被害防止の指揮・監督を行う為この資格が必要です。塗装業は、シンナー・アルコール・ラッカーなどの有機溶剤を使用するので、作業には必須の資格です。厚生労働省認定の国家資格ですが、受講制限は特になく、18歳以上であれば講習を受けるだけで比較的簡単に資格がとれます。

 

〇2級建築施工管理技士(国家資格)

国土交通省が認定し、一般財団法人「建設業振興基金」が実施する国家試験です。2級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の営業所ごとに置く専任の技術者及び建設工事の現場に置く主任技術者や指導的技術者として、高く評価される資格です。2級は、建築施工、躯体施工、仕上(塗装他)施工の3分野に分かれており、建築工事の種類により主任技術者になれる分野を定めます。受験資格に年齢の制限はありませんが、8年以上の実務経験が必要です。

 

〇雨漏り診断士(民間資格)

雨漏り診断士とは、NPO法人「雨漏り診断士協会」が主催する資格認定試験で、同協会が認めた雨漏り診断のプロです。診断はとても難しく、経験値が非常に重要です。原因を突き止めて、それにあった修理をしても再び雨漏りをした場合、診断が正しくなかったことになります。この状況に対応しようと生まれたのが「雨漏り診断士協会」です。雨漏りに対して、知識や技術が整備され「雨漏り診断士」の資格が誕生しました。

受験資格は、試験当日に満20歳以上であることです。試験の内容は、建築の基礎知識(施工・構造)、防水の基礎知識、雨漏り診断の実例と実務などがあります。

 

〇窯業サイディング塗替診断士(民間資格)

「木造住宅塗装リフォーム協会」が主催する資格認定制度です。「窯業サイディング」とは、建物の外壁材のことで、セメント質と繊維質を主な原料にして、板状に形成したものです。モルタルに比べ工期が短く、デザインが豊富なため現在では、新築戸建ての約7割が窯業サイディングです。窯業サイディング塗替診断士は、戸建住宅・アパート外壁の80%を占める窯業サイディング材と、屋根の50%を占めるカラースレート系屋根材の劣化を診断し、クレーム予防の技術を習得した専門家です。受講資格は、建築士、施工管理士、技能士、実務経験5年以上のうちいずれかに該当すれば受けられます。

 

〇外壁塗装マイスター(民間資格)

「日本外壁塗装マイスターズ」が認定する資格です。外壁塗装マイスターとは、外壁塗装に関する設計・施工の知識・技術が一定基準にある熟練技術者であり、国家資格をはじめとする複数の資格を有する者を「外壁塗装マイスター」として認定します。

認定基準は、当団体が認定している4つの資格と、他団体が認定している資格、国家資格の内5つ以上を有することです。

(当団体の認定資格)

「色彩アドバイザー」資格 「塗料選定・マイスター」資格

・「現場マニュアル・マイスター」資格 「コミュニケーション・マイスター」資格

(他団体および国家資格)

一級建築士、二級建築士、一級塗装技能士、窯業サイディング塗替診断士

、雨漏り診断士、カラーコーディネーター、建築施工管理技士、戸建住宅劣化診断士

 

〇戸建住宅劣化診断士(民間資格)

一般社団法人「住宅塗装リフォーム協会」が主催する資格認定制度です。戸建住宅劣化診断士とは、戸建住宅全体を専門に劣化診断できる専門家をいいます。国土交通省の住宅政策の転換で、既存住宅の性能レベル診断と劣化検査を行い、修復と性能レベルを大幅に引き上げる事になりました。その結果、戸建住宅全体を専門に劣化診断できる専門家が求められています。

認定講習会の受講には、以下のいずれかの資格が必要です。

・建築士(一級・二級・木造)

・建築施工管理技士(一級・二級)

・窯業サイディング塗替診断士

 

あわせて読みたい記事

外壁塗装業者選びで失敗しないために

外壁塗装の近隣挨拶はどうする?

 

←外壁塗装成功ガイドに戻る

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ