外壁塗装は「坪単価」と「㎡単価」どっちがいいの?

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス
【公式】優良工事店ネットワーク「ゆうネット」 > 外壁塗装成功ガイド > 外壁塗装工事の流れ > 外壁塗装は「坪単価」と「㎡単価」どっちがいいの?

外壁塗装は「坪単価」と「㎡単価」どっちがいいの?

555
塗装工事の単価を算出方法は大きくわけて「坪単価」と「㎡単価」の2種類です。
「坪単価」は家の述べ床面積にある係数をかけて見積をする方法です。
1坪は、3.3㎡(畳2枚分)になりますので、延べ床面積(各階の総床面積)99㎡の家は99㎡÷3.3=30坪となります。この坪数にある係数をかけたものが塗装金額となます。自宅の坪数は、図面(平面図)を見れば記載されているはずです。
塗装価格が坪数から判断できることは消費者にとっては親切です。わかりやすい価格のため、折り込みチラシやホームページには、坪単価で表記されていることが多く、アクリル樹脂塗料を使った場合、約40万円~70万円ほどです。光触媒塗料の場合、約90万円~140万円程度で表記されています。
しかし、なぜこのように価格幅が大きく書かれているのでしょうか。理由は、建物の形状によって塗装面積が変わるからです。長方形の総2階(1階と2階の形が同じ)であれば問題ないと思いますが、建物は出たり入ったり形状が複雑です。さらには、窓などの開口部(塗装しない箇所)の広さによって塗装面積は大きく変わってきます。
坪単価による見積は目安として考えた方が良いでしょう。

「㎡単価」は、建物の4面(東・西・南・北)を計測し、それぞれの壁面から開口部など(塗装しない箇所)を差し引いた面積を塗装面積として算出します。
建物の図面(平面図・立面図)があれば、図面をもとに算出します。図面がない場合は現地で採寸していきます。算出した塗装面積に「㎡単価」を乗じたものが塗装金額になります。

「㎡単価」は実際に塗装する面積から算出しているので「坪単価」と比較すると正確な見積といえます。一点、注意しなければならないのは、算出された塗装面積が間違いないか確認しなければなりません。見積依頼した塗装店がどのように計算したのか確認するとよいでしょう。業者は面積を算出するための表などを持っているはずです。必要であればコピーをもらいましょう。

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ