お風呂(浴室)・ユニットバスのリフォームについての情報です。

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス
優良工事店ネットワーク > お風呂・浴室リフォーム
お風呂リフォームについて

お風呂・浴室リフォーム

お風呂・浴室リフォームについて

お風呂リフォームについてお風呂は家族が1日の疲れを癒す大切な空間です。
今の風呂に満足していますか?
冬は、寒さのため床が冷たくてなってお風呂に入るのが大変なこともよくあります。
また、浴槽の中で足をゆっくり伸ばせなくて窮屈な思いをすることも。
そんな、使いにくいお風呂から快適に入れるお風呂にリフォームしてみませんか?

お風呂のリフォームは小規模な物から大規模なリフォームまで様々です。
お手軽な小規模リフォームでは、床、壁、天井などの一部を変えるだけでお風呂の雰囲気が変わり、お風呂の時間がとても楽しくリフレッシュできます。
大規模リフォームでは、バスルームを丸ごと変えてしまいますので、これまでのお風呂とはまったく別の仕上がりになります。新築したてのお風呂と同じようにとてもきれいです。また最近の素材は大変お掃除しやすくなっている為、お手入れが簡単にです。

お風呂をリフォームする時期は?

築年数が15年以上

戸建住宅やマンションは築年数が15年以上経っている場合、長年の汚れが床や壁に蓄積して汚れが落ちにくくなっていると思います。また、普段お掃除ができない部分には頑固なカビ汚れがあり、嫌なにおいが発生してしまうことも。この様になったらお風呂リフォームを検討しましょう。
また、最近のお風呂には様々な機能を付ける事ができるので、15年以上前のお風呂に比べるととても快適で便利になっています。

タイルにひび割れや隙間ができている

築年数に関わらず、床や壁のタイルにひび割れができていたり、ユニットバスの壁などに隙間ができてしまっている場合はリフォームをお勧めいたします。
ユニットバスの四隅に隙間ができている場合、中に水が入ってしまい、カビが繁殖してしまう原因となります。

家族構成が変わった時

ご年配の両親と同居を始め介護が必要になった時などにお風呂をバリアフリーへリフォームされるご家庭も多いと思います。安全なお風呂に安心して入れるように、全面リフォームでバリアフリーにすると、とても便利になります。

中古物件などを購入した場合

マンションや戸建てを中古物件で購入した場合、表面上はきれいに掃除されていますが目に見えない壁や床がかなり傷んでいて水漏れしていることがあります。また、排水管に汚れがたまっていて排水溝からひどい匂いがしている場合はリフォームをした方が快適に生活できます。

浴槽の種類と特徴

浴槽には人工大理石・FRP・ステンレスなど様々な種類があります。浴槽を選ぶ時は、それぞれの特徴を確認して予算内で一番気に入った浴槽を選びましょう。

浴槽 人工大理石

人工大理石

人工大理石は、色やパターンなど種類が多く、ご家庭にあうものが見つけやすいのが特徴です。耐久性などが優れていて、簡単にお手入れする事ができる素材なので大変人気があります。
人工大理石は、アクリルやポリエステルの樹脂でできており、よく使われているのは透明感や光沢があるアクリル系で、衝撃や熱に強い優れた材料です。ポリエステル系はアクリル系に比べると劣りますが、比較的価格が安いものが多いです。

FRP浴槽

FRP

FRPとはガラス繊維強化プラスチックで出来ており一般的な素材です。耐久性や保湿性も高く、軽量なのが特徴です。価格も安価なタイプが多く、カラーバリエーションも豊富です。

ステンレス

価格が手ごろなのがステンレス素材です。傷やサビにはとても強く、耐久性、耐熱性や保温性もよくお手入れが楽です。

木製浴槽

材質はヒノキやヒバ、サワラなど、気質独特の香りがあるのが特徴です。保温性、耐衝撃性や耐熱性も優れていて、特殊な加工で腐りにくくお手入れも簡単な商品が多くあります。

お風呂・浴室リフォーム事例集

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ