外壁塗装・外壁工事のリフォームについての情報です。

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス
優良工事店ネットワーク > 外壁塗装・外壁工事リフォーム
外壁塗装・外壁工事リフォームについて

外壁塗装・外壁工事リフォーム

外壁塗装・外壁工事リフォームについて

外壁塗装について外壁塗装を行う目的は、綺麗さを保つ「美観性」と外壁を雨風、太陽光から守る「耐久性」を高めることです。外壁塗装を行なうことで、建物がとても綺麗になり、外壁をしっかり保護できます。

外壁塗装に使用する塗料は「耐久性」「透湿性」「断熱」「遮熱」「セルフクリーニング」などの効果を付加することができます。

外壁にこんな症状がある場合は、塗り替えをおすすめします。
・ひび割れがある
・近隣のお宅より外壁の汚れがひどくて恥ずかしい
・外壁の色がかなりあせている
・塗装が剥がれている
・外壁に水分が残っていて膨れている
・コケやカビ・サビが発生している
・外壁が腐食している

このような状態になったら出来るだけ早く塗装工事を行いましょう。予算の都合などで塗装工事を行なえない場合は、簡易的な補修をする必要があります。

外壁塗り替えの理想的な時期は、大体10年~15年です。これ以上放置すると雨風や太陽光の影響で劣化が進み、塗膜の保護機能が低下してしまいます。保護機能が低下してくると下地に損傷が及んでしまいます。下地の損傷は雨漏りにつながってしまい、工事費用も高くなってしまうので、タイミングよく塗装を行いましょう。
定期的に塗り替えることで家の耐久年数が延びますので、10年~15年は安心です。また、資産価値を高めることもにも繋がるでしょう。

塗料の種類

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料は価格が安く、重ね塗りなど施工性に大変優れています。ただ、アクリル塗料のデメリットとして耐久年数が短く5年~7年と短いので、外壁塗装よりも、室内の壁などによく使われています。

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料は価格、耐久性、機能性など、とくにバランスが取れた塗料なので、非常によく使われています。耐久年数も10年~13年で外壁の細部の塗装には最も適しています。ただ、耐久性はシリコン系塗料の方が上です。

シリコン系塗料

シリコン系塗料は耐久年数が長く、10年~15年程度となります。
現在の外壁塗装の成分の中で、価格、耐久性、機能性では1番優れいている素材になります。

フッ素系塗料

フッ素系塗料は高い耐久性を発揮する塗料です。飛行機の塗装にも使用されているほど耐久性が優れており長期間外壁の塗膜を保つこともできます。
特に高層ビルなどに使用されることが多く、メンテナンス回数を減らしたい時に使われることが多い塗料です。

遮熱・断熱塗料

遮熱・断熱塗料は最近注目されている塗料の一つです。夏の暑い時期や冬の寒い時期をもっと住みやすくしたい方にはお勧めの塗料です。エアコンの電気代を節約できる効果も期待できます。
ただし、遮熱や断熱の効果は人によって感じ方が異なる為、塗装店からの説明をよく聞いて検討しましょう。せっかく遮熱塗料を塗ったのに効果を実感できないという方もいらっしゃろようです。

光触媒塗料

光触媒塗料はカビなどが発生しにくく、汚れを浮かせて雨で洗い流す性能を持っています。
また、空気を浄化させたり臭いを分解する性能もあります。遮熱効果もあり、環境にもとても優しい塗料となります。ただ、現在はまだまだ施工価格が高く、手軽に光触媒塗料を使って外壁塗装をすることができないのが現状です。また、太陽光が当たらない箇所はセルフクリーニング機能が働きにくくカビや汚れが発生してしまうこともあります。

ラジカル制御型塗料

日本ペイントが独自で開発した新塗料に「ラジカル制御型塗料」というものがあります。白色顔料に含まれる酸化チタンに紫外線が吸収されると「ラジカル」が発生します。ラジカルは塗膜の樹脂を破壊するので、ラジカルの発生を抑え、塗膜の劣化を軽減させる塗料が「ラジカル制御型塗料」なのです。

外壁塗装・外壁工事リフォーム事例集

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ