キッチン(システムキッチン)・台所のリフォームについての情報です。

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス
キッチンリフォーム

キッチンリフォーム

キッチンリフォームについて

キッチン写真長年使っているキッチンをそろそろリフォームしたいと考えている皆様。「今のキッチンはどんなものがあるのか?」「どんなキッチンにすればいいのかわからない」などのご質問をよく頂きます。
日常の生活の中で、キッチンは一番長い時間いる場所だと思います。そんなキッチンをリフォームするなら、できるだけ使いやすく、長い時間いてもしんどくならない空間にしたいと思います。
優良工事店ネットワークでは、キッチンのリフォーム業者をご紹介させて頂いておりますが、これまでリフォームをされたお客様の中から「良かった」と選ばれた工事店を1社ご紹介しています。もちろんリフォームをする前には、どんなキッチンにするのか?様々な形があるキッチンのタイプから、お客様のご自宅やマンションに最適のキッチンのタイプはどれなのかなど、しっかりとご提案させて頂きます。
キッチンには様々なオプションがあるので、予算に合わせて、出来る限り使いやすく便利なキッチンのご提案をさせて頂きます。
キッチンリフォームは決して安い金額ではありません。しっかりと計画を立てて、失敗しないリフォームが必要となります。キッチンのユニットだけではなく、その周りの壁紙や色などもしっかりと考えて、後悔をしないキッチンリフォームをしましょう。

キッチンリフォームで注意する点

キッチンの情報を集めるには?

理想のキッチンの情報を集めるには、市販されているリフォーム雑誌で探したり、インターネットでキッチンメーカーのホームページを見たり、リフォーム会社等の施工事例写真を参考にします。

水まわりメーカーのカタログなども集めると参考になりイメージが広がります。他にも住宅雑誌や新聞の折込、投函されるチラシなども、チェックしてみるといいでしょう。

キッチンの商品情報の収集には、水まわりのメーカーショールームを活用しましょう。実物のキッチンを触りながら体感できます。

ショールームへ行くときは、見学だけの希望の場合は、「今日は見学だけです」という風に伝えれば自分のペースで見学できるので、安心して足を運んでみましょう。その上、カタログは無料です。

見学だけではなく、ショールームのアドバイザーにプラン作成を希望する場合は、キッチンの横幅×奥行き×高さをメモしていきましょう。またはデジタルカメラやスマートフォンで撮影したキッチン写真と平面図などを持参しましょう。それらを参考にして、高さや幅などのサイズを実際に体感しながら商品を見ていけば、具体的なイメージが持てるでしょう。

気になるキッチンはその場でプランの申し込みが可能です。商品定価のお見積を請求できますので、アドバイザーの方に気軽に聞いてみましょう。また、ショールームによっては、キッチンの設備を体感できるイベントなども随時開催されています。見学前に電話やホームページでよく調べてからから行きましょう。
キッチンをプランする上で注意したいことが、天井の高さです。天井の高さが低い場合、レンジフードや吊戸棚の高さによっては頭がぶつかる可能性もあります。特に古い住宅は天井が低いことが多いので、事前に高さを確認しておきましょう。
※一般的な住宅の天井高は2400mm前後が多い

また、ショールームに行く前には予め予約をして見学に行くことをお勧めします。予約なしでショールームに行っても、アドバイザーが予約客を優先してアドバイスする事があります。たくさんある商品を見ても適切な判断ができない場合もありますので、必ず予約してから見学に行きましょう。

リフォーム会社を探して見積を依頼する

気になるキッチンの候補が決まったら、次はリフォーム会社探します。リフォーム会社は、インターネットや建築・住宅関係の雑誌から探す方が多いようです。数多くのリフォーム会社からどこに依頼したらよいか、良し悪しを見分けるのはなかなか難しいことです。見積は何社か依頼し、比較しましょう。
過去に手掛けたリフォームの事例、担当者の印象やリフォームの知識、マナーなど、さまざまな点からリフォーム会社をチェックしましょう。

見積書が上がってきたら、内容を確認しましょう。依頼した内容で間違いないかチェックしましょう。「解体したら下地が悪くなっていた!追加工事が〇〇円かかります」そんな不測の事態に備えて、見積確認をしっかりしておきましょう。後で後悔しないためにも、疑問点はできるだけ見積の段階で聞いておくと確実です。

依頼先のリフォーム店を決めたら、最終的なプランをショールームで確認して、キッチンセットに間違いがないか確認しましょう。

契約時注意したいこと

契約時の注意したい点は、見積書、契約書、保証内容を確認することです。(希望の内容が反映されているかを確認しましょう)希望の色、品番などをよく確認します。万が一、間違っていたら早めに担当者に伝えましょう。契約書や保証内容もしっかり読んでわからないところは遠慮なく確認しましょう。

※工事の日程、キッチンセットの内容、工事の内容、見積額、保証の年数と内容を最終的に確認し、納得したら契約。

キッチンの室内環境で失敗?

Bさんのお宅のキッチンは窓が小さく、昼間でも暗い状態です。明るいキッチンにするために西向きの壁に大きな窓を設置することにしました。

明るくなったキッチンにBさんは大喜び。しかし、夏に近づくにつれ西日が強く差しこむキッチンの気温はドンドン上がります。キッチンに置いてある食材も腐りやすくなり、夏場は暑くて調理にも支障がでてきました。

せっかくリフォームしたのに環境が悪くなってしまっては台無しです。どんな季節でも快適にお料理が出来るように考慮することもとても大切なことです。北向きのキッチンの場合、冬が寒くて大変という方は、床暖房を設置するなど冬に暖かい工夫をしましょう。南、西向きのキッチンは、日差しを遮る工夫が必要です。また、窓を取付けるときは、ペアガラスで遮熱効果のあるものを選びましょう。

キッチンは食材を扱う場所です。日差しを遮るために、窓に日よけを付けたり、窓を取り付けることにより風通しを良くするなど一工夫を。毎日使うキッチンです。リフォームするときは、涼しく気持ちの良いキッチン空間を心がけましょう。

キッチンタイプ

キッチンのタイプは様々な呼び方があるようですがよく言われているタイプは
「I型キッチン」「対面タイプ」「L型キッチン」
「II型キッチン」「U型キッチン」「アイランド型キッチン」
などがあります。

I型キッチン

― I型キッチン ―

作業スペース、シンクが1列に並んでいて、横長になっています。狭いスペースでも可能で、最も使われているキッチンの型となります。
とてもシンプルですが、使い勝手がよく、レイアウト変更が比較的しやすいタイプとなります。

L型キッチン

― L型キッチン ―

2人以上がキッチンにいても動きやすく、シンクとコンロが離れて配置されています。作業スペースも広く、収納スペースも十分に取ることができます。約6~8畳の広さによく使われる事があります。

A型キッチン

― A型キッチン ―

コーナーを利用したキッチンのタイプとなります。作業効率がよく、人気の形となります。L型とタイプは似ていますが、曲がっている部分が三角形になっていて、作業スペースにゆとりができます。

対面型キッチン

― 対面型キッチン ―

キッチンとダイニングルームの間にカウンターがついていて、食事の際のお皿などの受け渡しがとても楽なタイプです。デザインもおしゃれで人気があるタイプとなります。

セパレート型キッチン

― セパレート型キッチン ―

シンクとコンロが分かれているタイプで、それぞれの横に作業スペースがあります。作業スペースを重視される方にはとても人気のタイプとなります。また、複数人で料理がしやすい特徴もあります。

アイランド型キッチン

― アイランド型キッチン ―

シンクや作業スペースなどが壁から離れて配置したキッチンタイプとなります。まるで島の様な形をしているのでアイルランド型と呼ばれています。キッチンに存在感があり、多人数で料理を楽しむことができます。

キッチンリフォーム事例集

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ