屋根塗装リフォームについての情報です。

  • ホーム
  • リフォームをご検討中のお客様
  • 外壁塗装をご検討中のお客様
  • 優良工事店ネットワークとは
  • 優良工事店無料紹介サービス
屋根リフォームについて

屋根塗装リフォーム

屋根塗装リフォームについて

屋根塗装リフォームについて屋根は、太陽光、雨、風、雪などの厳しい自然環境から家を守っています。

屋根材には高い耐久性をもった素材が使用されています。一般的には10-15年に一度メンテナンスを行います。定期的に点検を行い、メンテナンスが必要な場合は一部補修か全面改修を行わないといけません。メンテナンスを行わずに放置していると、表面の劣化だけではなく下地や骨組みも傷んでしまいます。そうなると高額な費用になってしまいます。ある程度劣化が進んだら、塗装して酷く劣化しないようにしましょう。放置していると高額な工事費が発生してしまいます。

外壁塗装も10-15年に一度はメンテナンスを行う必要がありますので、一緒に屋根の総点検を行って、問題があれば、全面改修を行った方が良いでしょう。屋根と外壁を同時にメンテナンスすれば無駄な足場代が発生しません。
なお、屋根に次のような症状が現れてきたらメンテナンス時期です。

・ 雨漏りしてきた
・ コケやカビの繁殖が激しくなってきた
・ 屋根瓦が割れている
・ 棟がずれている
・ 樋から雨水が溢れてくる

まずは、屋根リフォームの知識を身に付けてメンテナンスに備えることが重要です。なぜなら、適切な知識が無いと業者の言いなりになってしまうからです。悪徳業者は市場価格と掛け離れた高額な費用を請求をすることがあるので注意が必要です。毎年多くの消費者が業者とトラブルになっています。複数の業者に点検と見積りの依頼をして優良な業者を選ぶようにしましょう。

優良工事店ネットワークでは、そのような悪徳リフォーム業者とのトラブルをなくす為、厳しい審査をクリアした工事店をご紹介しております。ご紹介差し上げる工事店は、消費者からの高評価を得ているので安心です。また、屋根塗装のリフォームについての専門的なご質問がございましたら当ネットワーク担当者が丁寧にご相談をお受けいたします。お気軽にご相談下さいませ。

屋根塗装リフォームのメリット

防水性を保つ

屋根は年数が経つにつれて耐久性が低下します。そのままにしておくと、ひびが入ったり、割れたりして雨漏りの原因になってしまいます。
屋根塗装を行ない瓦の耐久性を上げて防水性を保ちましょう。

雨風に強い屋根にする

ヒビ割れ、剥がれ、サビなどの補修を行うと弱い部分の補強に繋がるので結果的に雨風に強い屋根になります。屋根塗装工事では下地の補修も同時に行いますので、雨や風に強い屋根になります。

遮熱性・断熱性が高まる

屋根に遮熱塗装をすると室温が外気温に影響されにくくなります。
夏は屋根から室内への熱が伝わりにくくなり、家の中の室温が上昇するのを抑える事ができます。
冬は家の中の室温を屋根の表面から逃げにくくなるため、室温が下がることを抑える事ができます。
遮熱塗装には室温の変化を少なくする効果があります。

外観を美しくする

屋根塗装は太陽光や雨風から家を守る為のリフォームですが、同時に外観を美しく保つ効果があります。これまでのイメージのように塗装するのか、一新したイメージのにするのか、悩み所です。カラーシミュレーションを見て検討したり、近隣の住宅を見学したりしてイメージを膨らませましょう。

屋根塗装リフォーム事例集

  • 全国各地で選び抜かれたリフォームの匠を無料でご紹介します
  • お問い合わせ窓口
ゆうネット 優良工事店ネットワークページトップへ