妻を何と呼ぶか…それが問題だ。

結婚している男性の方に質問です。
先日、真顔で「僕のワイフが…」と話す人がいて、ちょっと驚いてしまいましたが、
皆さんは人前で自分の奥さんのことを話す時に、どのような言葉を使っていますか?

上司や取引先やお客様の前では、普通に「私の妻が」と言えばいいのでしょうが、
親しい人と話している時に、

「俺の」というくだけた言葉の後の「妻」はしっくりこないと言うか、若干の違和感があります。

そこで世の男性が「妻」の別の呼び方を必要としたからでしょうか、
嫁・嫁さん・奥さん・かみさん・女房・家内・うちのやつ・愚妻・・・
このように「妻」には実に多彩な表現方法があります。

ちなみに私は「嫁」を使っていますが、

「嫁」は本来、自分の妻ではなく自分の息子の妻を指す言葉です。

ですから、その本来の意味の「嫁」のいる年配の人に対して、
私が妻のことを「嫁」と表現すると一瞬「?」という表情をされることがあります。
仕事柄年上の方と接する機会も多いので別の呼び方を考えなくてはと思っているところです。

                           

「奥さん」という呼び方も時々耳にします。

しかしこれはそもそも相手の妻を指す言葉ですから、「うちの奥さん」はちょっと変な表現です。

「かみさん」や「嫁さん」は妻の尻に敷かれているニュアンスがあり、

それも嫌いではありませんが、身内に「さん」を付けているところが納得しかねます。

「うちのやつ」「愚妻」はへりくだった感じはいいとは思うのですが、
使っているところを妻に聞かれたらひどく怒られそうなのでこれも却下です。

同じようにへりくだった呼称では「細君」があります。
「細」には「つまらないもの」という意味があるらしく、

古色蒼然とした響きで何やら夏目漱石の小説に出てきそうです。

文学的な香りがして好きですが、少しばかり気取っているような気もします。

「家内」「女房」となると円熟味を帯びた夫婦を連想しカッコいいとは思いますが、
今の私にはどうにも使いこなせそうにありません。

 

このように考えていくと「これ!」という呼び方がないのです。
日本語として正しく妻も不快にならないような、それでいて少し砕けた言い方はないものでしょうか?

ところで、世の奥様方は人前で夫のことを何と呼んでいるのでしょうか?
思いつくのは夫・主人・旦那くらいで、妻の呼称ほどのバリエーションはありません。

中には「主人」や「旦那」が主従関係を表すのが嫌で、夫のことを「パートナー」と呼ぶ女性もいるようです。

しかし、日本では意外に昔から多くの家で妻が実権を握っていたと言われています。

それをそのまま人前で見せてしまうとさすがに品がないので、
人前では敢えて「主人」「旦那」と呼んで、夫のことをたてたのかもしれません。

そのように考えると一見奥ゆかしい表現ですが、実は女性の強さと余裕を感じさせる呼び方です。

とにもかくにも夫婦たるもの、お互いに頼り頼られながら共に歩いて行ける相手でありたいものです。

共に歩く連れ…「連れ合い」という呼び方にはそのような意味があるのかもしれません。
これは夫婦ともに使えてなかなかいい呼び方だと思います。

とは言えやはり円熟味を帯びた夫婦を連想し、今の私には少々ハードルが高すぎる気がします。
お互いに良い「連れ合い」だと分かった頃に、ようやく使えるようになる呼び方なのかもしれませんね。

まずは、妻の良い「連れ合い」になれるよう頑張ってみます!